初心者でも簡単にホームページを作れます。無料や格安ホームページサービスの使用感、サイト運営方法などをまとめていきます。

記事代行を利用する場合に注意すること。

記事を代わりに作成してくれる業者がいる。

ホームページを作りだしたらわかると思いますが、記事を定期的に書くのって本当に面倒なんです。適当な記事であればすぐに書けますが、仕事用の記事となると下手なことは書けないですし、色々と調べなくてはいけなくて、そうなると面倒になるんですよね。

そういうこともあって、ホームページの記事を考えてくれる業者がいるんです。私は利用したことがないんですが、人気があるサービスです。

ホームページの記事代行のメリット

記事代行は依頼者の希望のテーマや文字数、納期を伝えると業者がそれに合わせた文章を納品してくれるサービスです。ホームページが普及するにつれてこの記事代行サービスを取り扱う会社が増えてきました。増えてきたということは依頼する人が増えたからなんでしょうが、記事代行を依頼するメリットは次の通り。

記事代行の費用が安い。

記事代行のコストは1文字1円くらいからあります。1ページ2,000文字の記事を10ページ作ってもらったとしても20,000円です。自分で2,000文字の記事を10ページ作ったら丸一日はかかるんじゃないですかね。内容によって費用は違いますが、それほど高い料金ではないと思います。

SEOを意識した記事を作成してくれる。

せっかくホームページの記事を代行してもらうんだったらSEO対策がされた質が良い記事を作ってもらいたいですよね?最近の記事代行業者はSEOを意識した記事を書いてくれるところが主流になっています。

記事代行の注意点

ホームページの記事代行はメリットばかりではなくてデメリットもあります。

記事代行をする人のレベルが不明。

記事代行の会社が増えてきているということもあって低価格化が進んでいます。料金が安くなるというのは良いことなのかもしれませんが、安いところにはそれなりの理由があって、実際に記事を書く人は必ずしも専門のライターではないことがあります。学生や主婦などがちょっとした時間のお小遣い稼ぎに記事代行のアルバイトをしていて、おそらく単価が安いものはこういった人たちが作成しているのではないでしょうか。学生や主婦が悪いっていうわけじゃないんですけど、やっぱり仕事用のホームページなんでプロに書いてもらいたいですよね。

嘘やルール違反が含まれていないかチェックする。

仕事用のホームページなんで嘘は絶対に書いてはいけません。記事代行に外注したといってもホームページを見た人からすると、あなたが書いた記事だと認識するので記事の内容は必ずチェックしなければいけません。

また、記事を書いた人が自分の業界ルールを知らないことがあるので、この業界ルールを逸脱した文言がないかもチェックが必要です。

コピペ記事の可能性がある。

記事代行会社でコピペ記事のチェックをしているようですが、どこまでがオリジナルでどこからがコピペなのか、正直よくわかりません。ただ、仕事用のホームページなので変なところで評判を落とさないようにコピペチェックが厳しいところで依頼するべきだと思います。

全く使えない記事が納品されることもある。

先にも書いたようにライターの質によっては、全く使えないような記事が納品されることもあるようです。実際に誰が書いているのかわからない以上、こればっかりは取引をしてみないとわかりません。

記事代行に依頼してもチェックは必要。

記事代行に依頼すると何にもしなくて良いわけではなくて一定のチェックが必要です。チェックを怠ってホームページに載せた結果、トラブルが起こってもそれは記事チェックをしなかった自分が悪くなってしまいます。特に単価が安いところに記事代行を依頼する場合は気をつけましょう。

関連記事

自己紹介

税理士 網本俊聖
網本俊聖税理士事務所 所長
大阪府高槻市紺屋町3番1グリーンプラザたかつき3号館314号室

http://amimoto-taxoffice.jp

仕事でホームページを作る必要があり、2006年頃から独学で作成。顧問先などのHP作成のお役に立てるためにこのサイトを開設しました。
顧問先以外のサイト運営に関するご質問には対応しておりません。ご了承ください。
顧問先については私のわかる範囲でお答え致します。

確定申告、融資相談、法人設立など様々な業務に対応網本俊聖税理士事務所HPはこちら