一般的なHP運営について

仕事用のホームページには広告を貼らない。

ホームページに広告を貼れば収入になることがある。

ホームページに広告を掲載して広告収入を得ることができます。多いのは一般的にアフィリエイトと言われるものですが、仕事用のホームページにはこういった広告は掲載しない方が良いと思います。

世間では広告に対しての印象が悪い。

私はホームページに広告を貼って収益を上げるというのは悪いことではないと思うのですが、世間での評価は違って、ホームページでの広告に対する印象は良くありません。

なぜ私が広告による収益化に肯定的なのかというと、ホームページを作るのって手間がかかるんです。以前書きましたが1記事あたり短いもので20分、長いと1時間以上はかかりますし、もしそこから何の収益も発生しないというのであればそれはボランティアということになります。一日二日であればできるかもしれませんが、それを継続するというのは簡単なことではありません。中身がない私の個人ブログのような記事であれば定期的に書けますが、そのような記事を多くの人が見たいわけがないですし、そうなると中身がある内容を調べて理路整然とした文章で書かなければいけません。これには手間と労力がいるんです。

まぁ、そうはいっても世間での評判を考えると仕事用のホームページに広告を貼るというのは賢明な選択ではありませんし、私も仕事用のホームページは広告収入で運営するよりも本業での収益に結びつけるようにアプローチしてくべきだと考えています。

広告から得られる収益は少しだけ。

広告を貼るだけで収入が毎月ウン万円というのであれば価値があるかもしれませんが、実際にはそこまでの収入は発生しません。ホームページにもよりますが、一般的に1,000ページビュー(1,000ページ見られて)で150円~250円が相場ではないでしょうか。1,000ページビューで250円だったら良い!と思うかもしれませんが、1,000ページビューって大変ですよ。

たしか以前どこかのサイトで見たことがありましたが、アフィリエイトをしている人の半数以上が月3,000円未満で、月30,000円以上の収益を上げている人は数%だったんじゃないですかね。

本業に結びつけて収益を上げるべき。

ホームページに広告を載せても莫大な収益を上げるには相当な時間と労力が必要で、私ならそこに時間と労力を投じるのであればホームページから本業に結び付けられるような工夫をして収益化を図ります。もちろん一番良いのは両方から収益を上げられる方が良いのでしょうが、ホームページ初心者は広告はやめておいた方が良いと思います。ネットで書かれているほど稼げませんよ。

無料版のホームページは早めに有料版へ切り替えるべき。

JimdoやWixなどではホームページ作成サービスの利用料が無料のものがありますが、大体のところの無料サービスにはホームページに自動で広告が入ります。ホームページ作成サービスの会社もボランティアじゃないですから、どこかで収益を上げなければいけませんし、そういった理由から広告が掲載されます。

一般的には有料版だと広告が掲載されないのですが、上記理由から仕事用のホームページは一日でも早く広告が掲載されないサービスに切り替えるべきです。有料といっても今のホームページ作成サービスは年間一万円~二万円くらいですし、ひと月に換算すると僅かですしね。

関連記事

  1. ホームページに何を書いたらいいのかわからない…そういう時は

  2. 記事は定期的に投稿する。

  3. 自分のレベルに合ったサービスを選ぶ

  4. ホームページに書く文章の注意点

  5. 最初はホームページのアクセスを気にしない!

  6. ホームページにメールアドレスを書き込んではいけない!

自己紹介

税理士 網本俊聖
網本俊聖税理士事務所 所長
大阪府高槻市紺屋町3番1グリーンプラザたかつき3号館314号室

http://amimoto-taxoffice.jp

仕事でホームページを作る必要があり、2006年頃から独学で作成。顧問先などのHP作成のお役に立てるためにこのサイトを開設しました。
顧問先以外のサイト運営に関するご質問には対応しておりません。ご了承ください。
顧問先については私のわかる範囲でお答え致します。
 

PAGE TOP

その他

ホームページ作成サービスを使うメリット

ホームページにプラスアルファ

独自ドメインは必要?独自ドメインのメリットは?

アクセスアップ

無料のキーワード検索ツール

ホームページにプラスアルファ

高度なアクセス解析が無料!

その他

ホームページを無料で作れるサービスがあります。